JX日鉱日石エネルギー(株)、(株)IHI及び(株)デンソー、微細藻燃料開発推進協議会を設立

発表日:2012.06.27

JX日鉱日石エネルギー(株)、(株)IHI及び(株)デンソーは、3社が発起人となり、微細藻燃料開発推進協議会を設立したと発表した。再生可能なエネルギー資源であるバイオマスを利用した微細藻燃料は、運輸部門のCO2削減策として期待され、世界的に開発が進められている。また、既存のバイオ燃料で懸念されている食料との競合を回避するのみならず、抽出残さは飼料等としての利用が期待できるため、食料生産に貢献できる可能性がある。これまで3社は、企業間の提携(アライアンス)による技術開発に取り組んできたが、実用化にあたっては、培養・油分の抽出・燃料化といった各工程の技術開発の課題を解決し、一貫生産システムの構築を行うことが必要となる。そのため今回、各企業間の提携にとどまらず、産官学による国内全体の取り組みとすべく、微細藻燃料開発推進協議会を民間企業10社が主体となって設立した。同協議会では今後、微細藻燃料製造の技術開発における共通の課題抽出や解決策の検討、必要な施策の提言等を行い、2020年度までに微細藻燃料の一貫生産システムを確立することを目標に取り組んでいくという。

情報源 JX日鉱日石エネルギー(株) ニュースリリース
(株)IHI プレスリリース
(株)デンソー ニュースリリース
機関 JX日鉱日石エネルギー(株)(現:JXTGエネルギー(株)) (株)IHI (株)デンソー
分野 地球環境
キーワード CO2 | バイオ燃料 | バイオマス | 技術開発 | デンソー | IHI | 協議会 | 微細藻 | JX日鉱日石エネルギー | 残さ
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS