NEDO、米国ニューメキシコ州ロスアラモス郡のスマートグリッド実証サイトが始動

発表日:2012.09.18

(独)新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、米国ニューメキシコ州ロスアラモス郡のスマートグリッド実証サイトが始動したと発表した。NEDOでは、出力が不安定な再生可能エネルギーが大量に配電系統へ導入された際の課題を解決するため、米国ニューメキシコ州政府等と共同で、スマートグリッド・スマートハウス・スマートビルの実証を行う、日米スマートグリッド実証事業を実施している。今回、同事業のうち、ロスアラモス郡の実証サイトが完成し、本格的な実証運転に入った。同サイトでは、天候により発電出力が変動する太陽光発電(PV)を大量に配電線に連系(同サイト内の電力使用に対し最大約75%のPV発電量)し、電力系統用大型蓄電池制御とデマンドレスポンス(需要家による電力消費の調整)を用いることにより、配電線の電気の流れを制御し、品質を確保するシステムを構築し、スマートグリッド及びスマートハウスの実証を行なうという。

情報源 (独)新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO) プレスリリース
(株)東芝 ニュースリリース
京セラ(株) ニュースリリース
機関 (独)新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO) (株)東芝 京セラ(株)
分野 地球環境
キーワード 再生可能エネルギー | 太陽光発電 | 実証事業 | 電力系統 | 新エネルギー・産業技術総合開発機構 | NEDO | スマートグリッド | 米国 | スマートハウス | ニューメキシコ州
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS