NEDO、米国ニューメキシコ州でスマートグリッド実証を開始

発表日:2012.05.09

(独)新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、米国ニューメキシコ州でスマートグリッド実証を開始すると発表した。NEDOでは、出力の不安定な再生可能エネルギーが大量に配電系統へ導入された際の課題を、既存の電力設備と協調しつつ解決するシステムである「スマートグリッド」の実証を行うため、米国ニューメキシコ州政府等と共同で、日米スマートグリッド実証事業を実施している。今回、同事業のうち、アルバカーキ市における商業ビル実証サイトが完成し、本格的な実証に着手する。同サイトでは、世界でも稀にみる低炭素・高品質電力供給システムを有する高機能ビル(スマートビル)として、電力会社の要請に応じたピークシフトや逆潮流(電力を使用するのではなく、逆に供給する)の機能や、非常時(停電など)における電力系統から切り離した自立運転について実証を行うという。

情報源 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO) プレスリリース
清水建設(株) ニュースリリース
(株)東芝 ニュースリリース
シャープ(株) ニュースリリース
(株)明電舎 ニュースリリース(PDF:247KB)
機関 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO) 清水建設(株) (株)東芝 シャープ(株) (株)明電舎
分野 地球環境
キーワード 再生可能エネルギー | 実証事業 | 電力系統 | 新エネルギー・産業技術総合開発機構 | NEDO | 低炭素 | スマートグリッド | 米国 | ニューメキシコ州 | スマートビル
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS