欧州委員会、気候・エネルギー目標の達成と経済の脱炭素化へ向け、エネルギー集約型産業への助成を開始

発表日:2014.05.13

欧州委員会は、欧州連合(EU)の気候・エネルギー目標の達成とEU経済の脱炭素化へ向け、持続可能な低炭素産業Ⅱ(SILC II)の助成を開始した。SILC IIは、EU産業界の温室効果ガス(GHG)排出の大幅削減を達成するために、特に鉄鋼、非鉄金属、紙パルプ、化学製品など、エネルギー集約型産業を中心に、低炭素型新技術の開発および実際の稼働環境でのパイロットプラント実証プロジェクトに資金を提供する。欧州委員会はこれに2000万ユーロの予算を組み、現在プロジェクト提案を募集している。EU産業界は、高い環境政策目標と厳しい国際競争という課題に直面している。しかしEUの脱炭素への目標に沿った低炭素の高度な製造や加工方法の開発は、この両課題の達成につながる。欧州委員会のバルニエ委員は、「この取組みによって、産業を時代に適応させ、エネルギー効率や競争力を向上させ、EUにおける雇用を維持する。さらには高度な製造技術や低炭素技術でのEUのリーダーシップも強化する」と述べた。

新着情報メール配信サービス
RSS