国連環境計画とIUCN、2020年までに世界の劣化した森林生態系1億5000万ヘクタールを修復する取組を開始

発表日:2014.09.04

国連環境計画(UNEP)と国際自然保護連合(IUCN)は、2020年までに世界の劣化した森林、1億5000万ヘクタールを回復するとした2011年9月のボン・チャレンジの実現をめざし、国連REDDプログラムと世界森林景観再生パートナーシップ(GPFLR)を統合して共同の取組を開始すると発表した。1億5000万ヘクタールの森林を修復すれば、CO2年間1ギガトン相当を大気中から取り除くことができるという。また、劣化した土地の修復は生物多様性を守り、生態系サービスの確保や観光業の機会にもつながる。今回の合意では、森林修復の可能性を評価するためのヘルプデスク機能の設置や、修復によるメリットをマップ化したデータベース作成などを予定する。まずコートジボワール、インドネシアなどでパイロット事業を実施し、最終的に、REDDプログラム参加55カ国すべてに拡大するという。ボン・チャレンジには、これまでに5つの国とグループが2000万ヘクタールの森林修復を約束しており、2014年9月23日の気候サミットでの約束の増加が期待される。

新着情報メール配信サービス
RSS