アメリカ環境保護庁、五大湖の環境回復に向け新たな5カ年行動計画を公表

発表日:2014.09.24

アメリカ環境保護庁(EPA)主導の五大湖省庁間タスクフォースは、五大湖回復計画(GLRI)の新たな行動計画(2015~2019年度)を公表した。計画の重点として、1)懸念地域の浄化、2)侵入種の防除、3)有害な藻類の発生に寄与する栄養塩の流出削減、4)在来種の保護を目的とした生息地の回復、などが盛り込まれた。GLRIは、五大湖の環境の保護と回復を目指し、2010年にEPAを中心に立ち上げられたイニシアティブで、これまでに2000件を超える環境保護プロジェクトに資金を提供している。農務省や内務省、陸軍工兵隊のほか、周辺地域の農家などさまざまなパートナーが協力して五大湖の健全性の回復に取り組んでおり、現在、アメリカ史上最も大規模な保護イニシアティブだという。同タスクフォースの議長を務めるマッカーシーEPA長官は、五大湖の生態系への脅威を戦略的に重点化し、長期目標に向けた進展を加速させるため、今後5年間も引き続きGLRIのリソースを活用していくとの考えを示した。

新着情報メール配信サービス
RSS