国連環境計画、「地球環境概況6」の2017年発表に向けて作成プロセスを開始

発表日:2014.10.23

国連環境計画(UNEP)は、2017年半ばに発表予定の「地球環境概況6」(GEO-6)の政府間・利害関係者会合がベルリンで開催され、報告書の作成プロセスが始動したと発表した。「地球環境概況」は地球環境の状況・動向・展望を評価した国連の正式な報告書である。GEO-6は地域の評価プロセスを踏まえ、人々の幸福に寄与する環境要因の全体像を描くとともに、地球の環境目標の達成につながる政策を分析するという。今回の会合では、報告書の基本の枠組み・実施手順、執筆者等の参画を透明化してGEO-6の科学的健全性・信頼性を確保するプロセスが承認された。また、最先端技術による分析、評価プロセスの全側面での能力開発、地域・先住民知識の統合を重視することが決まった。これにより、GEO-6は環境をより包括的に評価し、地域に適した政策の立案も可能にするという。UNEPは、データ・情報にアクセスできるサイト「UNEP Live」を活用し、評価の知識基盤を強化しつつ、GEO-6のプロセスへの参画を幅広く促すとしている。

新着情報メール配信サービス
RSS