アメリカ環境保護庁、旧式の冷蔵庫からエネルギー効率の高い冷蔵庫への交換を促進

発表日:2015.04.22

アメリカ環境保護庁(EPA)は、旧式の冷蔵庫からエネルギー効率の高いエネルギースター認定モデルの冷蔵庫への交換を促進する取組を開始した。現在、製造後15年以上経過した冷蔵庫はアメリカ全体で1950万台使用されており、これらを全て新型のエネルギースター認定モデルと交換すれば、年間のエネルギーコストを10億ドル以上削減できるという。これは、80万世帯の電力需要、120億ポンドの温室効果ガス排出削減に相当する。消費者にとっては、エネルギースター認定モデルに交換すると、最初の5年間だけで約260ドル節約でき、二酸化炭素排出量を7900ポンド削減できるという。交換を促進するため、アメリカ各地のエネルギースターパートナーの公益事業やエネルギー効率プログラムは、旧式冷蔵庫のリサイクルやエネルギースター認定モデルの購入に、割引や補助金を提供する。また、旧式冷蔵庫は冷媒としてオゾン層破壊物質を含むものが多いので、エネルギースターはEPAの「責任ある電気製品廃棄」プログラムと緊密に連携し、適切なリサイクルと廃棄を推進するという。

情報源 アメリカ環境保護庁(EPA) プレスリリース
国・地域 アメリカ
機関 アメリカ環境保護庁(EPA)
分野 地球環境
ごみ・リサイクル
環境総合
キーワード リサイクル | 温室効果ガス | アメリカ環境保護庁 | EPA | エネルギー効率 | エネルギースター | 冷蔵庫 | 電力需要
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS