ハワイ大学の研究者ら、プラスチック廃棄物は太陽光に曝されるとメタンとエチレンを放出すると報告

発表日:2018.08.24

ハワイ大学の研究者らは、プラスチック廃棄物が太陽光により劣化すると、強力な温室効果ガスであるメタンとエチレンを放出するという研究結果を報告した。研究では、食品容器、繊維、建築材料など多様なプラスチック製品の素材であるポリカーボネート、アクリル、ポリプロピレン、ポリエチレンテレフタレート、ポリスチレン、高密度ポリエチレン、低密度ポリエチレンを対象に実験を行い、最も多くメタンとエチレンを放出するのはポリエチレンであることが判明したという。ポリエチレンはレジ袋の原料であり、世界で最も多く生産・廃棄される合成ポリマーである。その生産量は今後20年間で倍増すると予測されることから、地球温暖化抑制への取組に多大な影響を及ぼすおそれがある。プラスチックが環境や人間の健康を害する化学物質を放出することは知られていたが、今回の報告で気候変動との関連も指摘され、プラスチック汚染対策の重要性が一層浮き彫りとなった。

情報源 国連環境計画(UNEP) プレスリリース
国・地域 国際機関
機関 国連環境計画(UNEP)
分野 地球環境
ごみ・リサイクル
環境総合
キーワード 地球温暖化 | 温室効果ガス | メタン | ハワイ大学 | エチレン | プラスチック廃棄物 | プラスチック製品 | プラスチック汚染対策抑制
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS