ハリケーンシーズン、今後さらに激化か

発表日:2009.08.12

ここ数10年で、ハリケーンの頻度が増え、威力も増していることが、ペンシルベニア州立大学地球システム科学センターのマン氏らの研究により明らかになった。この研究成果は2009年8月13日付けのネイチャー誌に掲載されている。マン氏らは、北大西洋沿岸で、堆積物のサンプルを検証し、ハリケーン活動の歴史を統計モデルで分析。過去1500年間のハリケーンの強度を測定したところ、現在のハリケーンのレベルは、過去1000年間の中でも最高レベルであることが明らかになったという。また、この研究では、ラニーニャ現象と海面温度の上昇という2つの要因が、ハリケーンの活動を活発化するという説の確実性を高めた。気候変動で海洋の温暖化が続くと、ハリケーンシーズンはさらに活発になるおそれがあるという。マン氏によると、2009年のハリケーンシーズンは、ラニーニャ現象とは反対のエルニーニョ現象のため、例年よりも軽めだという。

情報源 アメリカ国立科学財団(NSF) プレスリリース
国・地域 アメリカ
機関 アメリカ国立科学財団(NSF)
分野 地球環境
キーワード 気候変動 | アメリカ国立科学財団 | NSF | エルニーニョ | ハリケーン | 海面温度 | ラニャーニャ | 堆積物
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS