世界気象機関、2019~2020年は欧州で過去最も暖冬だったと報告

発表日:2020.03.05

世界気象機関(WMO)は、欧州中期気象予報センター(ECMWF)のコペルニクス気候変動サービスによると、2019年12月~2020年2月の欧州は記録上最も暖かい冬だったと報じた。同期の欧州の平均気温は、基準となる1981~2010年の12~2月の平均を3.4℃上回り、強いエルニーニョの影響があった2015年12月~2016年2月の過去最高記録を約1.4℃上回るかたちとなった。特に北部と東部で温暖な天候が続いたという。2020年2月の欧州の平均気温は、1981~2010年の2月の平均を3.9℃上回り、1990年2月(基準からの偏差+4.5℃)に次いで2番目に高かった。また、世界の平均気温も、2020年2月は1981~2010年の2月の平均を0.8℃上回り、2016年2月に次いで2番目に高かった。2020年1月については、世界、欧州ともに平均気温偏差が過去最高を記録した。なお、欧州の平均気温偏差は概して世界の同偏差よりも大きく、特に冬季は1カ月間に数度変化することがあるという。

新着情報メール配信サービス
RSS