欧州環境庁、生分解性プラスチックに対する認識を向上させる取り組みを実施

発表日:2020.08.27

欧州環境庁(EEA)は、生分解性があり、堆肥化可能なプラスチック製品と環境に関する記事を掲載した。プラスチックごみの問題が深刻になったことを受けて、多くのメーカーがバイオベース、堆肥化可能、または生分解性を有するプラスチックの製造に参入しているが、市場シェアはまだ1%に過ぎない。これらはプラスチックの汚染問題を軽減すると期待されているが、生分解されるかどうか、またその分解がどのくらい早く起こるかは、処理時の条件に大きく左右されるため、正しく廃棄し、処理する必要がある。例えば、家庭で処分する場合は、産業用処理設備とは環境条件が大きく異なるため、分解速度が違うことを知らない人は多い。また、このようなプラスチックの普及だけでプラスチックごみの問題を解決することはできない。欧州連合(EU)が欧州グリーンディールを通じて取り組んでいる循環型経済においては、その第一歩として、すべてのプラスチックをリサイクルする必要がある。

新着情報メール配信サービス
RSS