アメリカ海洋大気庁、温室効果ガス測定技術の検証のため民間企業と連携

発表日:2021.06.03

アメリカ海洋大気庁(NOAA)は、温室効果ガス(GHG)採取システムを民間航空機へ最適に配置するために、ボーイング社と連携して評価を行う。この取り組みは、ボーイング社の「エコデモンストレーター」プログラムの下で実施される。民間航空機におけるGHG監視装置の設置場所と設置方法を標準化することは、GHG排出量の解明に必要なデータの強化に貢献する。現在同庁はアメリカ国内の14か所に地上観測点を設置しており、解析モデルや衛星データを基にした研究に必要なデータを提供しているが、自然および人為的な排出量の変化や気候変動の影響を軽減するための政策の有効性を直接測定するためには、採取数と採取場所を増やす必要がある。同庁は、就航中の民間航空機にGHG測定装置を搭載し、観測データの収集を強化することを最終目標としている。

新着情報メール配信サービス
RSS