イギリス自然環境研究会議、LED街路灯が昆虫の個体数を半減すると指摘

発表日:2021.08.26

イギリス自然環境研究会議(NERC)が助成した研究により、「環境に優しい」LED街路灯は、従来のナトリウム電球に比べて昆虫の生息に悪影響を及ぼすことが明らかになった。光害が蛾などの昆虫に悪影響を及ぼすことはよく知られているが、蛾はさまざまな動物の重要な食料源となり、重要な花粉媒介者でもある。今回の研究は、屋外のLED照明の白色化が昆虫の個体数に与える影響を、「現実世界」で初めて調査したものである。イギリスの蛾の生息数は、過去50年間で3分の1に減少しており、憂慮すべき減少の原因を理解し、状況を改善することは最優先事項である。光害は生物多様性の損失の原因の中で、簡単に解決できる数少ない原因のひとつである。最終的には、公共の安全と野生生物の両方を守るために、照明を適切に設計し、野生生物の重要な生息地から撤去し、限られた時間のみ点灯するようにして、バランスをとる必要がある。

新着情報メール配信サービス
RSS