アメリカ環境保護庁(EPA)、「グリーンケミストリー」賞受賞者を発表

発表日:2010.06.23

アメリカ環境保護庁(EPA)は、第15回「大統領グリーンケミストリー・チャレンジ賞」の各賞受賞者を発表した。この賞は、化学物質の人体及び環境への負荷低減を図る「グリーンケミストリー技術」について、先駆的な事例を顕彰し、その振興を図るもので、環境汚染の少ない製造プロセスや、安全な原材料・製品などが対象となる。今回受賞したのは、微生物を利用してCO2から高級アルコールを合成し、化学原料や燃料として再利用するとともにCO2排出量を削減できる技術(学術賞)など、計5件。この表彰制度により、これまで合計77件が受賞し、アメリカ国内における環境汚染防止に大きく寄与してきた。グリーンケミストリーは、環境・経済の両面でメリットが大きく、これまでの受賞技術により、有害化学物質の使用または生成が1億9800万ポンド以上抑制され、210億ガロンの節水、5700万ポンドのCO2排出削減、さらにはエネルギー消費やコストの削減にもつながっているという。

情報源 アメリカ環境保護庁(EPA) プレスリリース
国・地域 アメリカ
機関 アメリカ環境保護庁(EPA)
分野 健康・化学物質
キーワード グリーンケミストリー | CO2 | 化学物質 | 微生物 | 燃料 | アメリカ環境保護庁 | EPA | 環境汚染 | 化学原料 | 生合成
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS