ドイツ、トラ生息地の森林保護に400万ユーロの支援を表明

発表日:2010.11.22

ロシアのプーチン首相の下で開催された国際トラ保護フォーラムで、参加したドイツ連邦環境省のベッカー事務次官は、トラが生息するシベリアの森林保護に400万ユーロを追加支援することを公表した。フォーラムには、中国の温家宝首相等、トラが生息する国家の閣僚が出席し、トラを保護するための包括的な計画が承認された。世界中に生息する野生のトラは、現在3200匹弱まで減少し、絶滅の危機に瀕している。密猟に加え、生息空間の破壊がその要因となっており、トラに残されている生息地は、本来の生息地の7%にまで縮小したという。大規模な森林伐採による生息空間の破壊は、生物多様性を喪失させるだけでなく、大量の炭素を吸収する森林土壌を消失させることで、地球温暖化問題も悪化させている。ドイツ連邦政府は、2008年以降、独自の国際温暖化防止イニシアティブの枠組みにおいて、森林保護プロジェクトを実施しており、トラの生息空間の保護に、これまで約950万ユーロを支援している。今後、追加的な対策に、さらに1260万ユーロを用意するという。

新着情報メール配信サービス
RSS