ハワイのサンゴ礁生態系の経済価値は年間335億ドルと米国民が回答

発表日:2011.10.21

アメリカ海洋大気庁(NOAA)は、専門家らの協力で行った意識調査で、米国民がハワイ諸島のサンゴ礁生態系に認めた経済価値は、335億7000万ドルに上ったとの結果を発表した。今回の調査は、2009年6~10月、ハワイだけでなく本土も含めた米国民全体から3200世帯以上を選んで行われた。調査対象者の選定には、無作為に抽出した番号に電話する方式と、米国国勢調査局の従来の方式による面接調査の2方式を用いた。この調査における経済価値には、将来世代のためにサンゴ礁生態系の保護費用を支払うといった、いわゆる「受動的使用価値」と、レジャーや魚の食用利用など、実際にこの生態系を利用するための「直接的使用価値」の両方が含まれる。NOAAは、今回の調査で、実際に利用するか否かに関わらず、米国民にとってハワイのサンゴ礁のもたらす生態系サービスが大きな価値を持つものであることが明らかになったとし、サンゴ礁生態系の価値に関する信頼性の高い評価結果として、今後利用することにしている。

新着情報メール配信サービス
RSS