東京大学、沖ノ鳥島におけるサンゴの種リストを完成

発表日:2013.02.04

東京大学大学院理学系研究科の茅根創教授らは、日本最南端の沖ノ鳥島に分布するサンゴ種の完全なリストをまとめ、種の多様性は熱帯にありながら93種と少ないことを明らかにした。沖ノ鳥島は、サンゴが造った島で、サンゴが島の地形と生態系の主役である。そのため、同島の維持と保全を考える上で、どのようなサンゴが分布するのか(サンゴ相)を明らかにしリスト化することはもっとも重要である。今回作成したリストは、国土交通省・水産庁・東京都の調査結果と標本を、実際に現地の調査にあたったサンゴの専門家とともに検討し、追加の調査も行ってまとめたもの。サンゴ種数は熱帯にありながら93種(より高緯度の八重山諸島の4分の1)と少なく、孤立した島の貴重なサンゴ相を示した。同リストは、サンゴの生物地理学的考察の進展に寄与するとともに、同島の生態系と島の維持・保全をはじめる基礎となる情報を提供するという。

新着情報メール配信サービス
RSS