環境省、気候変動に関する政府間パネル(IPCC)第37回総会の結果を発表

発表日:2013.10.22

環境省は、平成25年10月14日から18日にグルジア・バトゥミで開催された、気候変動に関する政府間パネル(IPCC)第37回総会の結果を公表した。今回の会合では、1)「2006年国別温暖化ガスインベントリ・ガイドラインに対する2013年追補:湿地」、及び2)「2013年議定書補足的方法論ガイダンス」の概要章の承認と本文の受諾に加え、IPCCの将来を検討するタスクグループの設置の決定などが行われた。1)は「2006年国別温暖化ガスインベントリ・ガイドライン」のうち有機質土壌の排水や再湿地化・湿地回復、沿岸湿地等に主眼を置いた湿地に関する算定を明確化したもの。2)は「2006年国別温暖化ガスインベントリ・ガイドライン」に対して、京都議定書第2約束期間のルールの変更等を反映した、第2約束期間向けの補足的方法論を示すもの。次回総会は、平成26年3月に横浜市で開催され、第2作業部会報告書SPM承認・公表、及び本体受諾を行う予定。

新着情報メール配信サービス
RSS