愛媛県、微小粒子状物質(PM2.5)の注意喚起に係る午後の予測を追加

発表日:2013.12.03

愛媛県は、微小粒子状物質(PM2.5)の注意喚起に係る午後の予測を追加し、平成25年12月3日から運用を開始すると発表した。同県では、国の注意喚起に係る暫定指針に準じ、平成25年3月8日から県内においてPM2.5濃度が日平均値70μg/m3を超えると予測される場合に、ホームページ等により注意喚起を実施している。今回、国において、これまでの全国の注意喚起の実施状況等を踏まえ、注意喚起の判断方法の見直しが行われたことを受け、従来の早朝の予測に加え、午後の予測を追加することとなった。追加された予測方法は、県内11か所の各測定局の午前5時から12時までの1時間値の平均値のうち、最大値が80μg/m3を超える場合に、暫定指針を超える可能性があると予測し、午後1時頃までに県下全域を対象とした注意喚起を実施する。

新着情報メール配信サービス
RSS