NEDO、英国・マンチェスターにおけるスマートコミュニティ実証で協力協定を締結

発表日:2014.03.13

(独)新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、英国ビジネス・イノベーション・技能省(BIS)、エネルギー・気候変動省(DECC)及びマンチェスター市と、同市で実施するスマートコミュニティ実証プロジェクトを推進することで合意し、協力協定を締結したと発表した。同プロジェクトでは、市内の公共住宅600軒にヒートポンプを設置し、日本の情報通信技術(ICT)で各住宅のヒートポンプをコントロールすることで、小口の電力ユーザーの電力需給調整能力を検証。電力調整量をまとめることで、広範な電力市場とのさまざまな取引を可能にするとともに、英国内の給湯・暖房エネルギーをガスから電力にシフトを促すことで、低炭素化を目指す。なお、同事業は、NEDOとBIS、DECC、マンチェスター市の他、日本側からは(株)日立製作所、ダイキン工業(株)、(株)みずほ銀行、英国側からは3住宅公社及び地域配電企業が参画予定という。

情報源 (独)新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO) プレスリリース
(株)日立製作所 ニュースリリース
ダイキン工業(株) ニュースリリース
(株)みずほ銀行 ニュースリリース(PDF)
機関 (独)新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO) (株)日立製作所 ダイキン工業(株) (株)みずほ銀行
分野 地球環境
キーワード ヒートポンプ | 新エネルギー・産業技術総合開発機構 | NEDO | 日立製作所 | ダイキン工業 | スマートコミュニティ | 英国 | みずほ銀行 | 電力需給 | マンチェスター
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS