旭硝子(株)、温室効果を約6分の1に低減した冷媒を開発

発表日:2014.03.19

旭硝子(株)は、(独)新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の高効率ノンフロン型空調機器技術の開発において、温室効果を示す地球温暖化係数を約6分の1に抑えることが可能な空調機器向け冷媒を開発したと発表した。現在、空調機器や自動車などの冷媒に使用されているハイドロフルオロカーボン(HFC)は地球温暖化係数(GWP)が高く、環境負荷が大きいことから、その使用が世界的に見直されている。今回開発した冷媒は、GWPが極めて低いハイドロフルオロオレフィン(HFO)-1123を主成分とする環境対応型の混合冷媒。現状製品化されている代替冷媒候補中最もGWPが低いHFC-32の約半分(従来のHFC-410Aの約1/6)までGWPを抑えながら、従来と同等の冷媒性能を有し、低GWPと省エネ性能の両立を実現する。同社では、同冷媒を用いた実証試験や安全性評価などの実用化開発を進め、2016年の商業生産開始を目指すという。

新着情報メール配信サービス
RSS