IPCC、第5次評価報告書 第2作業部会報告書(影響・適応・脆弱性)を公表

発表日:2014.03.31

環境省、文部科学省及び気象庁は、気候変動に関する政府間パネル(IPCC)第5次評価報告書の第2作業部会報告書(影響・適応・脆弱性)を公表した。平成26年3月25日から29日まで横浜市で開催された、IPCCの第38回総会及び第2作業部会第10回会合において、IPCC第5次評価報告書第2作業部会報告書の政策決定者向け要約(SPM)が承認・公表されるとともに、第2作業部会報告書本体が受諾された。平成19年にとりまとめられた第4次評価報告書では、観測された影響と将来の影響及び脆弱性について地域・分野別に評価し、影響の軽減のために適応が重要であることが示された。今回の報告書は、新たな知見をもとに、観測された影響と将来の影響及び、脆弱性について地域・分野別に、より具体的に評価するとともに、適応策についても実際の適用を念頭に整理している。また、世界全体の気候変動による主要リスクの抽出とその評価を行うとともに、地域別の主要リスクとそれに対応した適応の有無によるリスクの変化について評価している。

情報源 環境省 報道発表資料
文部科学省 報道発表
気象庁 報道発表資料
機関 環境省 文部科学省 気象庁
分野 地球環境
キーワード 地球温暖化 | 環境省 | 気候変動 | 気象庁 | IPCC | 環境リスク | 文部科学省 | 適応 | 環境影響 | 政府間パネル
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS