環境省と(独)国立環境研究所、2012年度(平成24年度)の温室効果ガス排出量(確定値)を公表

発表日:2014.04.15

環境省と(独)国立環境研究所は、2012年度(平成24年度)の温室効果ガス排出量(確定値)を公表した。同省では、地球温暖化対策推進法等に基づき、毎年、国内における温室効果ガスの排出量及び吸収量を算定し、公表している。2012年度の温室効果ガスの総排出量は、13億4,300万トンで、京都議定書の規定による基準年(CO2、CH4、N2Oは1990年度、HFCs、PFCs、SF6は1995年)の総排出量と比べると6.5%の増加となった。2011年度の総排出量と比べると、発電に伴う二酸化炭素排出量が増加したことなどにより、2.8%増加した。また、京都議定書第一約束期間(2008~2012年度)の総排出量は5カ年平均で12億7,800万トン(基準年比1.4%増)、目標達成に向けて算入可能な森林等吸収源による吸収量は5カ年平均で4,870万トン(基準年比3.9%)となった。この結果、京都メカニズムクレジットを加味すると、5カ年平均で基準年比8.4%減となり、京都議定書の目標(基準年比6%減)を達成することとなる。

情報源 環境省 報道発表資料
(独)国立環境研究所 報道発表
機関 環境省 (独)国立環境研究所
分野 地球環境
キーワード CO2 | 環境省 | 森林 | 温室効果ガス | 国立環境研究所 | 京都議定書 | 京都メカニズム | 化石燃料 | 排出量 | 吸収量
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS