環境省と国環研、2013年度(平成25年度)の温室効果ガス排出量(確報値)を公表

発表日:2015.04.14

環境省と国立環境研究所は、2013年度(平成25年度)の温室効果ガス排出量(確報値)を公表した。同省では、地球温暖化対策推進法等に基づき、毎年、国内における温室効果ガスの排出量及び吸収量を算定し、公表している。2013年度の温室効果ガスの総排出量は、14億800万トン(CO2換算)となった。2012年度の総排出量と比べると、火力発電における石炭の消費量の増加や、業務その他部門における電力や石油製品の消費量の増加によりエネルギー起源CO2の排出量が増加したことなどから1.2%増加した。また、2005年度の総排出量と比べると、オゾン層破壊物質からの代替に伴い冷媒分野からのハイドロフルオロカーボン類(HFCs)の排出量が増加したこと、火力発電の発電量の増加に伴う化石燃料消費量の増加によりエネルギー起源CO2の排出量が増加したことなどから、0.8%増加した。なお、2013年度の京都議定書に基づく吸収源活動による吸収量は、6,100万トンとなった。

新着情報メール配信サービス
RSS