味の素(株)、バイオマス活用で佐賀市と共同研究契約を締結

発表日:2014.06.03

味の素(株)は、九州事業所のアミノ酸発酵の工程から発生する副生バイオマスを活用する技術などについて、佐賀市と共同研究を行うことに合意したと発表した。これまで両者は、「佐賀市下水浄化センター」の排水処理後の汚泥を原料に、九州事業所のアミノ酸発酵の工程から発生する副生バイオマスを活用して肥料を製造する取り組みを共同で行っており、1)その製造過程におけるアンモニア発生の抑制による臭気低減などの地域環境改善効果、2)副生バイオマスの活用による肥料中のアミノ酸含量の増加や、この肥料を使った作物の品質向上、などが確認されている。今回の合意により、九州事業所が提供する副生バイオマスを活用した肥料による作物の品質向上(アミノ酸濃度増加など)について科学的な検証を進めるとともに、副生バイオマスの利用価値をさらに追求して、バイオガス発電等の新規用途開発をめざす。さらに、これらの技術による廃棄物のゼロ化や環境負荷低減などについての評価を佐賀市が行うという。

新着情報メール配信サービス
RSS