大成建設(株)、建物単体で年間の1次エネルギー収支がゼロになる「ZEB実証棟」が完成

発表日:2014.06.16

大成建設(株)は、同社の技術センターで、建物単体で年間の1次エネルギー収支がゼロになる「ZEB(ゼロ・エネルギー・ビル)実証棟」が完成したと発表した。日本ではエネルギーの約40%がオフィスビル等の建物で消費されていることから、オフィスビルにおけるエネルギー収支をゼロにすることは、全体のエネルギー消費量削減や、CO2排出量の大幅削減につながり、エネルギー問題や地球温暖化問題の解決に大きく貢献することとなる。今回完成したZEB実証棟は、新しいシステムの開発や、従来技術の効率的な組み合わせにより、徹底的な省エネルギーを図ったもの。年間のエネルギー消費量を一般的なオフィスビルと比べ75%削減できる。一方、消費するエネルギーの残り約25%は、太陽光パネルによる創エネにより賄い、消費エネルギーと生成エネルギーの収支がゼロとなることを目指し、検証を進めるという。

新着情報メール配信サービス
RSS