長野県、「長野県次世代自動車充電インフラ整備ビジョン」で指定する充電器の箇所を拡大

発表日:2014.07.02

長野県は、「長野県次世代自動車充電インフラ整備ビジョン」で指定する充電器の箇所を拡大したと発表した。環境負荷の少ない電気自動車(EV)やプラグインハイブリッド自動車(PHV)を普及するため、経済産業省「次世代自動車充電インフラ整備促進事業」の延長や自動車メーカーによる充電器設置支援制度の創設など、充電器の設置促進に向けた取組が進められている。同県では、県の充電インフラ整備方針を示した「長野県次世代自動車充電インフラ整備ビジョン」において、今後整備すべき箇所数として385箇所を指定していたが、今回、98箇所増やし483箇所に拡大した。観光地、インターチェンジなどの交通拠点に充電器を増やして、EV利用者などの利便性の向上を図り、EVやPHVの普及を目指すという。

新着情報メール配信サービス
RSS