東京都、希少金属のリサイクル促進に向けて使用済み携帯電話等の都内回収実験を実施

発表日:2008.09.26

東京都は、(社)電気通信事業者協会、情報通信ネットワーク産業協会及び区市町村等と連携し、使用済み携帯電話等の都内回収実験を実施する。この実験は、携帯電話やPHSで使用されている金や銀などの希少金属のリサイクル促進を図るもの。これらの金属資源の回収・リサイクルについては、(社)電気通信事業者協会と情報通信ネットワーク産業協会の共同による取組み(モバイル・リサイクル・ネットワーク)があるが、回収量が減少しているのが現状である。そこで状況を打開するため、より複数の拠点において使用済み端末等の回収実験を行う。実験期間は、平成20年10月2日(木)~平成20年11月30日(日)で、回収対象は、携帯電話・PHSの端末本体、電池、充電器。都庁をはじめ、都内の一部の大学・地下鉄駅構内・区役所・市役所など20カ所に回収箱を設置する。また、回収実験とあわせて、携帯電話のリサイクルについての意識調査も行う。

新着情報メール配信サービス
RSS