環境省、世界最高効率の複合サイクル発電所計画に係る環境影響評価準備書に対する環境大臣意見を提出

発表日:2014.10.16

環境省は、三菱日立パワーシステムズ高砂工場実証設備複合サイクル発電所更新計画に係る環境影響評価準備書について、平成26年10月15日付けで経済産業大臣に対し環境大臣意見を提出した。同事業は、三菱日立パワーシステムズ(株)が、兵庫県高砂市の同社及び三菱重工業(株)敷地内において、高効率のガスタービンコンバインドサイクル発電設備の開発のため、既設実証設備(出力38.9万kW)を廃止し、実証設備(出力51.8万kW)を設置するもの。この実証設備は、世界最高効率の発電設備の実用化に向けた試験設備である。今回の環境大臣意見では、1)高効率の発電技術は環境対策に貢献することから、できる限り早期に運転開始を行い、発電技術の確立及び普及を目指すこと、2)騒音に関する環境基準の達成状況を把握し要すれば追加的な措置を講ずること、3)確実に二酸化炭素排出削減に取り組むこと、等を求めている。

情報源 環境省 報道発表資料
機関 環境省
分野 地球環境
大気環境
環境総合
キーワード コンバインドサイクル発電 | 環境省 | 実証 | CO2排出量 | 騒音 | 高効率 | 環境影響評価 | ガスタービン | 環境大臣意見 | 三菱日立パワーシステムズ
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS