航空機による大気観測プロジェクト、ボーイングのecoDemonstrator787フライトに参加

発表日:2014.11.27

「航空機による大気観測プロジェクト CONTRAIL」は、平成26年度にボーイングが実施しているecoDemonstrator787フライトテストに参加すると発表した。CONTRAILプロジェクトは、(独)国立環境研究所、気象庁気象研究所、(株)ジャムコ、日本航空(株)、(公財)JAL財団が共同で進めているプロジェクトで、日本において航空機による大気観測を続けている。今回参加するフライトテストは、ボーイングが、より環境にやさしく効率的な航空技術の実証実験を目的として実施しているもの。CONTRAILでは、新開発の測定装置(MME)を含む温室効果ガス測定機器3種類を搭載して、フライトテストが実施されている間に、上空の大気を観測して、そのデータを収集・分析する。1)CO2濃度連続測定装置(CME):航空機の飛行中に外気のCO2濃度を連続測定、2)自動大気採取装置(ASE):あらかじめ決められた12地点で外気を採取、3)温室効果ガス連続測定装置(MME):航空機の飛行中にCO2やメタン(CH4)濃度を連続測定。

情報源 (独)国立環境研究所 報道発表
気象庁気象研究所 お知らせ
日本航空(株) プレスリリース
機関 (独)国立環境研究所 気象庁気象研究所 日本航空(株) (公財)JAL財団 (株)ジャムコ
分野 地球環境
大気環境
キーワード CO2 | 温室効果ガス | 国立環境研究所 | 日本航空 | ボーイング | メタン | 大気観測 | 航空機 | CONTRAIL | 気象研究所
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS