NEDO、マレーシア・パハン大学と廃水から有用金属を回収する技術開発を開始

発表日:2015.06.16

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、マレーシア・パハン大学と「金属廃液・汚泥から有用金属を回収し、汚泥を削減する研究開発・実証事業」を共同で開始すると発表した。現在、マレーシアでは、工場から排出される廃液や汚泥は埋立処分されているが、埋立地不足や処分費用の高額化が問題となっており、低コストかつ排出される汚泥量を削減する処理技術の普及が望まれている。一方、NEDOでは、2009~2013年度に「有用金属・有害物質の分離・回収技術の開発(委託先:(株)アクアテック)」を実施し、めっき工場等から排出される金属を含有する廃液・汚泥から有用金属を80%以上回収し、最終的な廃棄汚泥量を80%削減するシステムを開発した。今回、同国における同技術の適用可能性を実証し普及展開を推進するため、NEDOとマレーシア・パハン大学との間で基本協定書(MOU)を締結した。今後、パハン大学との共同研究を通じ、同国における環境問題の解決と日本の中小企業による優れた技術の普及展開に向けた取り組みを進めるという。

情報源 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO) ニュースリリース
機関 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)
分野 ごみ・リサイクル
水・土壌環境
キーワード 新エネルギー・産業技術総合開発機構 | NEDO | 実証 | マレーシア | 回収 | 廃水処理 | 汚泥 | 有用金属 | パハン大学
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS