気象庁、海洋内部の酸性化に関する情報提供を開始

発表日:2015.11.09

気象庁は、海洋内部の酸性化に関する情報の提供を開始したと発表した。一般に海水は弱アルカリ性を示すが、海水が大気中の二酸化炭素(CO2)を吸収して酸性側に変化する「海洋酸性化」が世界規模で進行している。特に、近年、「海洋酸性化」が進むと長期的にはサンゴやプランクトン等の海洋生態系に影響が及ぶことが懸念されている。同庁では海洋気象観測船によって、北西太平洋域におけるCO2の観測を1984年以降行っている。今回、その観測データに加え、国際的な観測データも取り入れ、1990年代以降における北西太平洋の東経137度線及び東経165度線に沿った海洋内部における「海洋酸性化」の状況を初めて解析。その結果、両観測線とも北緯15度以北では海洋表面だけでなく海洋内部(約150~800m)でも、海洋酸性化が進行していることが確認された。同庁では、引き続き太平洋域における海洋酸性化の監視を続け、同庁ホームページ「海洋の健康診断表」を通じて、提供していくという。

新着情報メール配信サービス
RSS