三菱日立パワーシステムズ、シンガポールの廃棄物焼却発電施設向け蒸気タービン等を受注

発表日:2016.06.28

三菱日立パワーシステムズ(株)は、シンガポール環境庁(NEA)が進める大規模な廃棄物焼却発電(WTE)施設建設プロジェクト向け蒸気タービン及び発電機2基を受注したと発表した。三菱重工グループでは、これまで、シンガポールにおいて、2000年に完成した4,320トン/日の処理能力を持つチュアスサウス廃棄物焼却発電施設をはじめ3件の施設建設を手掛けており、これらの際も発電を担う中核機器である蒸気タービンを供給してきた。今回受注した蒸気タービンおよび発電機は、同国中西部の産業集積地であるチュアス地区に建設されるストーカ式焼却発電施設の発電機器となるもの。同施設は、1日当たりの廃棄物処理量3,600トン、発電出力12万kW級の能力を持っており、運転開始は2019年前半の予定である。

新着情報メール配信サービス
RSS