東芝など、水素エネルギーシステムの事業化検討(NEDO事業)に着手

発表日:2016.09.29

(株)東芝、東北電力(株)及び岩谷産業(株)は、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が公募した「水素社会構築技術開発事業/水素エネルギーシステム技術開発」により、水素エネルギーシステムの事業可能性に関する調査検討に着手すると発表した。同調査は、太陽光発電や風力発電などの再生可能エネルギーを中心とした電気を活用して、福島県内に設置する最大1万kW級の水素製造装置で水素を製造し、電力系統の安定運用に貢献するシステムの検討を行うもの。製造した水素は、水素発電装置により電力系統の調整力として活用するほか、液化し東北エリア内外へ供給することを想定しており、水素の貯蔵・輸送、利活用までを含む、水素エネルギーシステム・電力系統側制御システム・液体水素需要予測システムの最適運用について検討し、2017年9月までに結果をまとめるという。

情報源 (株)東芝 プレスリリース
東北電力(株) プレスリリース
岩谷産業(株) ニュースリリース
新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO) 公募
機関 (株)東芝 東北電力(株) 岩谷産業(株) 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)
分野 地球環境
キーワード 再生可能エネルギー | 電力系統 | 新エネルギー・産業技術総合開発機構 | NEDO | 岩谷産業 | 東芝 | 東北電力 | 水素エネルギー | 水素製造 | 福島県
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS