凸版印刷、セルロースナノファイバーを用いたバリア性を有する紙器を開発

発表日:2016.10.03

凸版印刷(株)は、セルロースナノファイバー(CNF)をコーティングし、酸素バリア性を持つ食品向け紙器を開発し、2017年3月よりサンプル出荷を開始すると発表した。CNFは、木材の繊維をナノオーダーにまで微細化したバイオマス素材で、「軽くて強い」、「熱変形が小さい」などの特長があり、自動車・家電・塗料・繊維など様々な分野で新素材として期待されている。同社では今回、CNFの持つ酸素バリア性に着目し、紙基材にCNFをコーティングすることでバリア層を形成し、食品の酸化劣化を防ぐ環境配慮型の新製品を開発した。酸素バリア紙コップには、バリア性のあるプラスチックフィルムがラミネートされてきたが、CNFに代替することで、石油化学製品に由来する材料の使用量を40%以上削減できるという。CNFを活用したバリア紙カップの製品化は日本で初めてであるという。

情報源 凸版印刷(株) ニュースリリース
機関 凸版印刷(株)
分野 地球環境
キーワード バイオマス | 凸版印刷 | セルロース | 環境配慮型 | 包装材 | CNF | ナノファイバー
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS