日本製紙、石巻工場においてセルロースナノファイバーの量産を開始

発表日:2017.04.25

日本製紙(株)は、石巻工場(宮城県石巻市)において、年間500トン規模のセルロースナノファイバー(CNF)の量産を開始すると発表した。同社は、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)のプロジェクトを活用して、TEMPO触媒酸化法によるCNF生産の最適条件の検討や構造評価技術の開発に取り組み、2013年に同社岩国工場(山口県岩国市)に生産実証設備を設置してきた。石巻工場の量産設備では、木材パルプから繊維幅が3~4nmと均一に完全ナノ分散したCNFを生産することができる。このCNFは、透明で様々な機能付与が可能であることから、機能性シートだけでなく、機能性添加剤やナノ複合材など、幅広い工業用途での実用化が見込まれている。

情報源 日本製紙(株) ニュースリリース
新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO) ニュースリリース
機関 日本製紙(株) 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)
分野 地球環境
キーワード 新エネルギー・産業技術総合開発機構 | NEDO | バイオマス | セルロース | 量産 | 日本製紙 | 木材パルプ | CNF | ナノファイバー
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS