三菱重工など4社、工場に適した空気熱源ヒートポンプ式の熱風発生装置を開発

発表日:2017.02.13

三菱重工サーマルシステムズ(株)、関西電力(株)、東京電力ホールディングス(株)及び中部電力(株)の4社は、工場の熱風利用工程に適した空気熱源ヒートポンプ式の熱風発生装置を共同開発した。現在、工場の廃温水から熱回収する水熱源ヒートポンプが普及しているが、冷温水を循環させる配管や空気熱交換器を設置する必要があり、コスト面やスペースの確保などの課題を抱えていた。今回開発した装置は、大気から熱を取り込む室外機と、熱風を直接生成できる室内機で構成されており、ドライラミネータや食品分野の乾燥工程温度帯の最高温度90℃に対応することができるもの。同社の試算によれば、COP(エネルギー効率)は3.5で、ランニングコストを約5割、エネルギー消費量を約5割、CO2排出量を約5割削減可能であるという。同装置は、三菱重工サーマルシステムズにより、2017年6月から販売が開始される。

情報源 三菱重工サーマルシステムズ(株) ニュースリリース
関西電力(株) プレスリリース
東京電力ホールディングス(株) プレスリリース
中部電力(株) プレスリリース
機関 三菱重工サーマルシステムズ(株) 関西電力(株) 東京電力ホールディングス(株) 中部電力(株)
分野 地球環境
キーワード ヒートポンプ | 省エネルギー | 中部電力 | 関西電力 | エネルギー効率 | 東京電力ホールディングス | 三菱重工サーマルシステムズ | 熱風
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS