三菱重工と中部電力、大幅な省エネが可能な空冷ヒートポンプチラーを開発

発表日:2016.02.16

三菱重工業(株)と中部電力(株)は、ビル用のガス空調や工場用のボイラーからの更新で大幅な省エネが可能な空冷ヒートポンプチラーを共同開発したと発表した。商業ビル等の空調設備には、標準加熱温度60℃の吸収式冷温水機が広く使われている。この機器を従来のチラー(最高加熱温度55℃)へ更新する場合には、加熱温度が変わる影響から屋内空調設備の改修が必要となるため、より高温に加熱できるチラーの開発が求められていた。今回開発した機器は、高効率な圧縮機の採用やヒートポンプの運転最適化により、60℃までの加熱運転を可能としたもの。また、運転可能な外気温度範囲を大幅に拡大することにも成功し、ビル用空調や工場用ボイラーからの更新を容易にした。さらに、高効率なチラーのなかでも、高い省エネ性能を実現した。なお、同製品は、三菱重工業が2016年10月5から販売するという。

情報源 三菱重工業(株) ニュースリリース
中部電力(株) プレスリリース
機関 三菱重工業(株) 中部電力(株)
分野 地球環境
キーワード ヒートポンプ | 省エネルギー | 中部電力 | 三菱重工業 | 空調 | 空冷式 | 圧縮機 | チラー
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS