岩手県、平成27年度ガンカモ類の生息調査の実施結果を公表

発表日:2017.03.29

岩手県は、平成27年度(第47回)ガンカモ類の生息調査の結果を公表した。同調査は、全国のガン・カモ・ハクチョウ類の冬季における生息状況を把握するため、毎年1月に一斉で実施しているもの。今回は、1月10日を基準日として、平成28年1月9日から11日までに330ヶ所で調査を実施。その結果、ハクチョウ類はオオハクチョウ、コハクチョウの2種・4,033羽が確認され、昨年度に比べ294羽減少した。ガン類は8ヶ所でコクガン、マガンなど3,122羽が確認され、昨年度に比べ2,617羽増加した。カモ類は219ヶ所でカルガモ、オナガガモ、マガモ、トモエガモなど21種・28,021羽が確認され、昨年度に比べ7,137羽増加して、近年減少傾向だった個体数が2010年(平成21年度)のレベルに回復したという。

新着情報メール配信サービス
RSS