東京都、環境性能の優れた自動車の普及促進を強化

発表日:2009.04.07

東京都は、平成21年度から環境性能の優れた自動車の普及促進を強化すると発表した。これは、都が、自動車部門での地球温暖化対策の更なる推進のため、「都民の健康と安全を確保する環境に関する条例」の改正を行うとともに、この4月から低公害・低燃費車の導入促進のために補助・融資制度の充実・強化などを行うもの。補助・融資制度の充実・強化のポイントとしては、これまで実施してきた、中小企業を対象とする「環境保全資金融資あっせん」を拡大するほか、路線バス事業者(大企業含む)を対象とする「CNGバス、ハイブリッドバス導入補助」を新設し、ノンステップCNGバスや優良ハイブリッドバスの導入に対し、同等クラスの通常型車両との価格差の4分の1を補助する。さらに、中小企業を対象とする「次世代自動車導入補助」を新設し、電気自動車やプラグインハイブリッド車の導入に対し、同等クラスの通常型車両との価格差の4分の1を補助する。

新着情報メール配信サービス
RSS