東北大など、「電力・水素複合エネルギー貯蔵システム」の実証運転を開始

発表日:2017.08.25

東北大学と(株)前川製作所は、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)事業において、「電力・水素複合エネルギー貯蔵システム」を新たに考案・開発し、仙台市茂庭浄水場において実証運転を開始した。同システムは、水素貯蔵システムと電力貯蔵装置を組み合わせて、通常時の再生可能エネルギーの有効利用と非常用電源としての機能を併せ持つもので、今回は既設太陽光発電(20kW)を利用している。実証運転では、1)燃料電池や水電解装置の応答性、制御性、耐久性、2)高精度変動補償に適した太陽光発電出力の予測方法と最適な変動補償方法、3)太陽光発電出力の変動補償に適した電力・水素貯蔵システムの入出力制御方法などを検証する。再生可能エネルギーから得た電力を用いて水素を製造・利用するPower to Gasの一形態である同システムの実用化により、災害時に停電が発生しても安定して継続運転が可能な次世代の浄水場の実現を目指すという。

情報源 東北大学 プレスリリース
新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO) ニュースリリース
仙台市水道局 東北大学・水素社会構築技術開発事業への協力について
機関 東北大学 (株)前川製作所 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO) 仙台市水道局
分野 地球環境
キーワード 再生可能エネルギー | 太陽光発電 | 新エネルギー・産業技術総合開発機構 | NEDO | 実証 | 東北大学 | 前川製作所 | 電力貯蔵 | 水素貯蔵 | 仙台市
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS