長野県、「持続可能性をめざす自治体協議会」の加盟を公表

発表日:2018.09.07

長野県は、 持続可能な社会の実現を目指す世界の自治体で構成される国際ネットワークのイクレイ(ICLEI-Local Governments for Sustainability)に加盟すると公表した(加盟日:2018年9月14日)。イクレイは、地球規模の持続可能性を確実なものとするため、自治体における地域の取組(気候変動対策や再生可能エネルギーの普及等)を支援するもの。また、イクレイ日本は、1990年に発足したイクレイの日本事務所として、1993年に開設し、現在、世界22の地域事務局・事務所とともに、会員自治体の活動をサポートし、イクレイが主導する国際的な都市間連携を推進している。同県の加盟目的は、来年6月、「G20 持続可能な成長のためのエネルギー転換と地球環境に関する関係 閣僚会合」が軽井沢町で開催されることも踏まえ、国際情勢に関する基本的な情報や温暖化対策をはじめとする国際イベントなどの情報を収集するとともに、イクレイ主催のイベント等に参加し、同県の先駆的な取組を発信するという。

新着情報メール配信サービス
RSS