JAMSTECなど、ペタバイト規模の気候データを効率的に探索・取得するシステムを開発

発表日:2020.02.27

海洋研究開発機構(JAMSTEC)を中心とする研究グループは、「地球温暖化対策に資するアンサンブル気候予測データベース(d4PDF)」の大規模データを、高速かつ効率的に抽出する技術を開発した。d4PDFは、気候変動予測の再現性や信頼性を向上させるために、スーパーコンピュータ「地球シミュレータ」を駆使して多数回かつ細密なモデル実験を行い、気候変動リスクの評価に関する議論に役立てることを目的として作成されたデータベース。d4PDFのデータは文部科学省のサーバを経由して提供されているが、総データ量が約3ペタバイト(3000テラバイト、3000兆バイト)と膨大であるため、利用者は専用の大容量記録装置を準備する必要があった。今回、同研究グループは、d4PDFデータを地域ごとの空間情報として整理するとともに、時間スケールを圧縮し、利用者がダウンロードするデータ容量と、必要なデータを見付けるまでの総時間を大幅に縮減することに成功した。非研究者の使い勝手に配慮したインターフェースも整備し、地域単位の適応策検討への貢献が期待できるという。

新着情報メール配信サービス
RSS