三重県、「ミッションゼロ2050みえ 若者チーム」への参加者を募集

発表日:2020.09.16

三重県は、「ミッションゼロ2050みえ 若者チーム」への参加者を募集すると発表した(応募締切:令和2年10月9日必着)。同県では、令和元年12月に脱炭素宣言を行い、2050年の実質炭素排出量ゼロを目指し、取組を進めている。今年度には、産学官等が連携したプラットフォーム「ミッションゼロ2050みえ 推進チーム」を立ち上げ、脱炭素に向けたモデル事業の実施・検証等を行っている。今回、若い世代の脱炭素の取組の普及と、シビックプライドの醸成、県内定着等を目的に、同モデル事業「若者チーム」の参加者を募集する。応募資格は、県内に在住または通勤・通学の18歳から29歳までの者で、募集人数は10名程度となっている。プロジェクトでは、脱炭素に向けたモデル事業を3年間で、検討、実施、検証する。「若者チーム」においては、今年度に脱炭素に向けた若い世代への意識調査(アンケートの設問検討)、モデル事業の検討等を行うという。応募方法の詳細は、同県のホームページで閲覧できる。

情報源 三重県 新着情報
機関 三重県
分野 地球環境
環境総合
キーワード モデル事業 | プラットフォーム | 三重県 | 産学官 | 脱炭素 | ミッションゼロ2050みえ | 若者チーム | 脱炭素宣言 | 実質炭素排出量ゼロ | 推進チーム
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS