WWFなど、水田における生物多様性保全・減災の両立で共同研究を開始

発表日:2021.01.07

WWFジャパンは、九州大学や長崎大学と、水田の生物多様性保全と減災の両立を目指した共同研究を開始した。WWFは2016年から、地域や学術機関との協力のもと、有明海沿岸の水田地帯の調査・保全に取組んできた。しかし、近年、九州北部の豪雨被害が多く、気候変動に伴う異常気象の発生は今後激化すると予想されることから、地域の暮らし・農業はもとより、希少種や自然保護の観点からも防災・減災の強化は重要な課題と考えている。今回、3者は過去の災害復旧事業に学びながら、人と自然とが持続的かつ発展的に共存することを目的に共同研究を開始する。具体的には、治水と生物多様性を両立するための手法の検討、九州有明沿岸の主要河川における原始氾濫原の推定及び水田水路を利用した治水方策の検討を行い、治水と生物多様性保全上の課題とその対策をまとめる。佐賀、福岡、熊本の水田の現場とそれを支援する政策づくりに活かし、国内の水田環境への応用できるようとりまとめを行うという。

新着情報メール配信サービス
RSS