青森県、食品ロス削減対策として「てまえどり」を推進

発表日:2021.04.02

青森県は、食品ロス削減のための「てまえどり」を推進するため、(株)セブン-イレブン・ジャパンと連携した取組を行う。同県は、令和3年度から令和7年度までを計画期間とする「第4次青森県循環型社会形成推進計画」を策定し、重点取組の1つとして食品ロス削減を位置付けている。これまでにも、食品ロス削減月間(10月)には、県内スーパーと連携して、陳列棚の手前においてある商品から購入する「てまえどり」を推進していた。今回、セブン-イレブン・ジャパンと協力し、県内の店舗において「てまえどり」を呼びかけるPOPを掲示すると共に、2021年4月8日には、セブン-イレブン青い森公園店においてチラシの配布などを行うという。

新着情報メール配信サービス
RSS