茨城県立自然博物館、博物館と協力して授業を行う学校を募集

発表日:2021.05.05

ミュージアムパーク茨城県立自然博物館は、博物館と連携・協力して授業を行う学校を募集する(申込期間:8月末まで)。同館では、教育普及活動の1つとして、博物館と学校とが連携・協力し合いながら子どもたちの教育を進める「博学連携事業」を行っている。今回、学校では味わえない体験をとおして、児童生徒の自然への興味関心を高めるとともに、自然への理解を深めることをねらい、連携・協力して授業に取り組む県内の小中学校・義務教育学校・中等教育学校・高等学校・特別支援学校を対象に、5校募集する。具体的には、1)年間計画や単元計画に組み入れた博物館を活用した授業の実施、2)学習指導要領に沿った新たな学習プログラムの構築、3)課外授業やクラブ活動、部活動における博物館と学校との活動を行うという。これまでの学習実践事例や応募の詳細は、同館のホームページに掲載されている。

新着情報メール配信サービス
RSS