横浜市、キリンとローソンによるペットボトル循環を目指した実証実験を紹介

発表日:2021.07.15

横浜市は、キリンホールディングス(株)、キリンビバレッジ(株)および(株)ローソンの連携による、使用済みペットボトル回収の実証実験について紹介した。同市の発表によると、昨今、プラスチック対策を進めるため環境に配慮した素材への転換や新たなリサイクルの仕組みづくりなどが進められる中、3社は連携して、それぞれのインフラを活用した使用済みペットボトル回収を行うという。実証実験は、1)ローソン店頭の「ペットボトル減容回収機」で使用済みペットボトルを回収(ペットボトル5本回収につきPontaポイント1ポイントが付与)、2)集まったペットボトルをキリンビバレッジ(株)がもつ自動販売機ルートで収集・ペットボトルリサイクル会社へ供給、3)ペットボトルリサイクル会社がリサイクル樹脂に加工、4)製造されたリサイクル樹脂が飲料メーカーへ供給・再生プラ100%のリサイクルペットボトルとして再利用、という流れになっている。同市においては、これらの取組に限らず、事業者と連携してプラスチック対策を進めるとともに、企業の先進的なプラスチック対策を紹介することで、プラスチック問題を考えるきっかけづくりとなるよう取り組んでいくという。

新着情報メール配信サービス
RSS