環境省、固体吸収剤による分離回収技術実証(令和3年度)の公募を開始

発表日:2021.07.27

環境省は、令和3年度固体吸収剤による分離回収技術実証の公募を開始すると発表した(募集期間:令和3年7月27日~8月27日)。2050年カーボンニュートラル実現のためには、CO2排出削減に向けて再エネ主力電源化や革新的省エネなどを進めると共に、排出されるCO2を回収・有効利用・貯留する「CCUS技術」が必要と考えられている。このため、同事業は、商用化規模のCO2分離回収の運用・評価実績、特に固体吸収剤による分離回収技術実証を通じた関連技術・ノウハウの涵養(かんよう)等を行うことで、地球温暖化対策の強化に貢献し、CCUSの実用展開のための実証拠点の構築を推進するもの。今回、民間企業等を公募の対象とし、令和3年度は13億円程度を上限として採択する。公募の詳細は、同省のホームページで確認できる。

新着情報メール配信サービス
RSS